埋め込み例

作成したスケジュールを公開

通常は各スケジュールには固有のURLがあるため、リンクを既存サイトやブログなどに貼り付けて公開する方法が最も簡単で主流の方法です。

詳細はこちら


このページでは作成したスケジュールをブログやウェブサイトへ組み込んで利用する方法を紹介しています。一定程度のHTMLの理解など技術、知識を擁する方向けです。

1.SuperSaaSへログインした状態でこちらへアクセスします。

2.埋め込み希望のスケジュールのコードを入手したらコピーして、埋め込み先のページ内に、コードを張り付けるだけで予約スケジュールの埋め込みが完了します。

例 コード

<iframe src="https://www.supersaas.com/schedule/demo/Therapist" width="600" height="800"> </iframe>

*各外部サイトへの埋め込み方法は埋め込み先環境により異なりますので、このページで提供している基本事例以外の個別事例に関するサポートは一切提供しておりません。

下記はAmebaOwndでの利用例になります。

ご利用のブログサービスなど利用環境により埋め込み手順は異なりますが、通常ブログサービスではHTML入力画面があるのでそこから上記でコピーしたコードを埋め込み必要に応じて 横及び高さの調整をします。 

width="600" height="800"

Tips

Q. SSLページで「iframe」要素を用いた埋め込みスケジュールが表示されない

A. SSLページには非SSL要素を表示することはできません。

埋め込むスケジュールURLもSSL(https://*****)であることをご確認ください。

Q. 「iframe」要素を用いた埋め込みをレスポンシブにしたい

A.幅に関しては「width」属性を「100%」など相対指定とすることでレスポンシブとすることが可能です。
高さに関してはクロスドメインに留意しながら独自にスクリプトを構築ください。


注意:基本となるHTMLの理解とレンダリングはブラウザの仕様に依存となるなど、SuperSaaSが保証する機能ではありません。