利用者(ユーザー)の呼称

スポット名の変更

各スケジュール⇨設定⇨リソースへ


管理画面右メニュー⇨レイアウト設定⇨利用者を何と呼びますか?

で表示する利用者の呼称を指定することができます。


例えば、 生徒を選択した場合、全てのダイアログボックス、ヘルプページ、メール、そしてシステムのメッセージは、利用者を「生徒」と呼びます。

これはアカウント全体の設定になり、アカウント内にあるすべてのスケジュールに適応されます。

単語を指定する (その他: )を選択する場合、入力された単語は単数形として認識されます。

SuperSaaSシステムは状況に合わせて、自動的に単語を複数形に変換します。

英語の複数形を主に対象としていますので、他の言語では誤変換される可能性があります。

例えば、「会員」と設定した場合、複数形で表示される場合、「会員s」となるでしょう。

この場合は、カンマで区切った単数形と複数形の両方を入力することで、自動変換せずに単語を指定することができます。

「会員」であれば、会員,会員ら、もしくは複数形も変えずに会員,会員などでいかがでしょうか。

単語を指定した場合、その用法に語弊がないか十分にご確認ください。

カンマで区切る単数形と複数形の指定は、他の同様の呼称を指定する箇所でも指定が可能である場合があります。

たとえば、定員用スケジュールの「スロット」の呼称設定などです。

予約システムSuperSaaS日本公式サポートブログ

英語、中国語、韓国語タイ語を含む34言語、26種類の通貨に対応した多言語ネット予約システムSuperSaaS日本語版公式ブログです。お気軽にデモをお試し下さい。 https://www.supersaas.jp/