急速に増加する宿泊施設 存在感を増す沖縄のホテル市場

以前から観光市場として高い人気を誇っていた沖縄はオフシーズンでもその人気は健在です。

冷房も暖房も不要な最高の気温が続く11月から4月は沖縄の最大の魅力の一つです。

沖縄では、観光市場の活発化により、宿泊施設の需要が劇的に増加し多くの新しいホテルが建設されています。

特に、那覇市内中心部の国際通りは、大規模な新ホテルが建設中であり、次々と新ホテルが

国際通りの中心部に誕生する予定であり、非常に活況を呈しています。

劇的に進化する沖縄のインバウンド市場の今を体感する事をお勧めします。

宿泊施設数の供給が需要と比較して少ない為週末はホテル価格の高騰へ繋がり、空室の確保も難しい状態が続いていましたが、大型ホテルの供給により徐々に客室不足が解消される事が期待されます。

カプセルホテル、ゲストハウス、ビジネス、ラグジュアリー型と多様な規模、種類のホテルが存在する沖縄においてMr.KINJOはホテル数を急速に増やしており、その存在感が際立っています。

石垣島を含め沖縄の主要箇所には必ず施設が存在する程であり、その値段のリーズナブルさ及び施設の充実度から今後も人気が増す事は確実でしょう。

日本周辺の人気リゾートエリアでいえば、フィリピンのセブ島、ベトナムのダナン、韓国の済州島、そしてちょっと距離がありますがタイのプーケットが有名です。

済州島は実は気温的には日本の東京などの都市部とあまり変わらない為冬は普通に寒いですし、他のアジアのリゾートエリアは基本的にほぼ夏です。


沖縄や福岡から非常に近い人気リゾート地域 済州島

街並みが非常に綺麗に整備されており、またバス路線の充実度、バス内の設備の良さ、運賃の安さは屈指の素晴らしさです。

その点沖縄は冬でも温暖であり、夏は暑くと季節の変化を味わえる貴重なリゾートエリアという特徴を持っています。

夏の間はマリンレジャーで多くの観光客を誘致可能であり、冬季期間はプロ野球他多様なスポーツのキャンプ地として活用可能な点は非常に大きな強みです。

また、ビジネス面においても物流の中心地として、沖縄は絶好のロケーションにあり、MICEなどの大型会議場を備えた統合施設も好立地に完備している為、観光、スポーツ、移住、ビジネスなどへ対応可能な多面性をもちあわせています。

予約システムSuperSaaS日本公式サポートブログ

英語、中国語、韓国語タイ語を含む34言語、26種類の通貨に対応した多言語ネット予約システムSuperSaaS日本語版公式ブログです。お気軽にデモをお試し下さい。 https://www.supersaas.jp/