多言語予約システムとオンライン決済導入

キャッシュレス需要の拡大は今後対応を検討するかどうかの問題よりもほぼ必須の状況になるでしょう。

世界的にはキャッシュレスの動きが急速に拡大しており、現金利用シーンが着実に減少している感があります。

当然日本のインバウンド産業でもキャッシュレスの進展は極めて重要であり、多くの店舗が実施導入開始し高まる海外旅行客需要に対応しています。

個人的にも現金を使用する意味はほぼないと思いますし、今後よりキャッシュレスが普及し利便性が向上される事が期待されます。


事業者にとってキャッシュレス導入の際に懸念されるのは

1.導入時の費用やシステムの理解

現在では導入に関わる機器設置費用などが劇的に簡素、低価格化が進んでおり、導入のハードルはほぼ無いと言えるでしょう。

2.カード会社から入金されるタイムラグ

以前であれば売上発生時からカード会社から入金されるまでのタイムラグがあった為、仕入れが多い業者にとっては掛けの割合が高くなり、キャッシュフローの面で懸念があったと思われます。

しかし、決済代行サービス競争の激化によって月に数回など入金のタイムラグを自身で選択可能な場合が増えており、入金までのタイムラグリスクも大きく軽減されています。

今後も競争により、更に入金までのタイムラグが縮小化されるでしょう。

3.決済手数料

数パーセントの決済手数料でも長期的に見れば大きな負担となりますが、手数料も決済代行サービスの増加によって今後更に引き下げられるのが予想され、事業者負担はより少なくなるでしょう。

更に手数料負担を大きく上回るメリットが現金管理に伴う煩雑な作業が全て無くなるという点にあります。

具体的にはレジ締め作業や、つり銭の用意、売上金の入金の手前など多様な煩雑な業務が解消されるメリットと手数料負担を比較検討すべきでしょう。


キャッシュレス、電子化最大のメリットの一つ 会計業務の劇的な効率性向上

会計ソフトの発達も目覚ましく、口座やカード会社と自動連携により仕訳作業までほぼ完了が可能になっています。これは凄まじい技術進歩です。

今後AIの発達により、自動連携、記帳入力業務がほぼ完全自動化されるのは時間の問題であり、キャッシュレスを事業で徹底することにより、会計業務という本業に何の役にも立たない非建設的作業から解放され、本業への集中が可能になるでしょう。


予約システムとオンライン決済を統合して、現金管理、電話応対に費やす業務を本業に振り向ける事が可能です。


SuperSaaSは世界的に利用されているPayPal決済を簡単利用可能

多言語予約システムと同じく多言語選択可能な決済でインバウンド事業にオンライン予約と決済を導入

予約時に決済完了

下記 韓国語での決済選択画面例

SuperSaaSは各予約の価格設定を柔軟に設定可能

回数券の販売も可能

予約システムSuperSaaS日本公式サポートブログ

英語、中国語、韓国語タイ語を含む34言語、26種類の通貨に対応した多言語ネット予約システムSuperSaaS日本語版公式ブログです。お気軽にデモをお試し下さい。 https://www.supersaas.jp/