アジア市場から学ぶナイトエコノミー Tattoo Studio運営を予約システムで管理

Tatoo Studio、Bar、マッサージ店舗の集積がもたらす地域の利便性と雇用創生効果

バンコクでも数えきれないほどのマッサージ店が運営されているが、パタヤではマッサージ店の集積度が群を抜いて高く、市内中心部には恐らく数百を超えるであろう店舗でひしめきあっている。

マッサージ店の主要経営は現地資本含め多様であると予想されるが、セラピストは現地雇用者が主であり、原価がほぼ必要ないため、利益の多くががそのまま雇用者へそして地域経済へ循環されるため地域経済効果が高い。

夜にはマッサージ店同様数百を超えるであろうBar、そして多くのTatto Shopが集積し、都市中心部は眠る事なく稼働を続け、経済は廻り続ける。

日本では未だTattoo、刺青に関する偏見が根強く、公共、私営問わず多くの施設においてTattoo保持者の利用を制限している場合が多いが、日本がインバウンド市場で重視している近隣アジア諸国はどの国においてもTattooはアートとして広く一般に浸透しており、欧米諸国では更にその傾向が増す。

実際欧米のリタイア層が圧倒的に集積するタイをはじめとした多くの地域ではリタイア層のTattoo保持者数は極めて多く、Tattoo保持者に対する利用制限をしていたら地域経済は廻らないだろうと思うほどまでTattoo、刺青は文化的に海外において浸透している。

特に欧米リタイア層、ロングステイヤーはジム通いが定番であり、アジアのフィットネス施設では利用者はTattooだらけという光景は極めて一般的である。

日本の近隣では台湾は特に刺青、Tattooは文化、芸術として広く普及しており、店舗数も非常に多く、日本に毎年訪れる観光客数でも圧倒的規模を誇る。

そのため、日本もインバウンド市場をより活性化させる目的としても、海外市場を考察し、Tattoo、刺青制限などへより柔軟に適応する事が求められるのではないだろうか。

日本においてもTattoo Studioは非常に多く存在し、例として沖縄では北谷や沖縄市コザ中央はTattoo Studioは集積している。

また英語、中国語など多言語対応したTattoo StudioのHPが多いことからも示す様に、日本のTattooアーティストがもつ高い技術は海外からも高い評価を受けている証とも言えるだろう。

通常カウンセリング、そして実際の施術まで完全予約制としているスタジオが主なため、オンライン予約システムの導入は必須とも言えるだろう。

また、金額もワンポイントからでもそれなりの価格が必要なため、オンライン決済の導入、そして複数アーティストのスケジュール管理などシステム管理が有効となり得る。

基本的に、施術者とクライアントの一対一のサービスのため、リソースタイプのスケジュールが適している。

また初回カウンセリング時に入力してもらう項目をフォーム機能で送信してもらうといった用途も有用だろう。


タイ パタヤに学ぶナイトエコノミー

写真 アジア最大の繁華街を有するパタヤ リゾート都市として多くの観光産業で賑わう

沖縄などと比較して海、ビーチの綺麗さは大きく劣るが、繁華街に面したその利便性の高さから非常に多様な国々の訪問者の誘致に成功している。


日本経済を活性化するための主要な手段の一つとしてナイトエコノミーの活性化が考えられる。

日本の一般産業はほぼ全産業において成熟しており、過剰な企業数から過当競争に既に陥っており、日中の経済活動では需要増の空間はほぼ残っていない。

しかし、海外の都市ではナイトエコノミーによって非常に多様な国からの観光客及び移住者で賑わっている地域も存在する。

タイのパタヤは恐らく世界最大の繁華街を誇る都市であり、バンコクから150キロメートルほど、バスで2,3時間で行き来が可能なリゾート地である。

元々米軍の保養所として開発された経緯を持ち、現在はアジア、欧米からファミリーレジャー、中長期のロングステイ、単身旅行者、ビジネスなど多様な層が訪問する地域となっている。

パタヤの主な産業は観光市場であり、早朝からビーチエリアではモーターボート、パラグライダー、ジェットクルーズ他、多様なビーチアクティビティを楽しむために多くの観光客がビーチに訪れ、地域経済に大きな経済波及効果をもたらしている。

ナイトエコノミーは地域財政の安定化にも繋がると予想される。

東南アジア地域は冬は無いものの雨季が存在し、その期間は多かれ少なかれ、当然ビーチアクティビティーは制限され、関連サービス提供者の収益は減り、市財政も影響を受ける。

高密度で店舗が集積されるナイトエコノミーにおいては天候の影響はもちろん受けるが、日中の野外活動ほどでは無い為、年間の地域財政の安定化にも繋がるし、雨季におけるアクティビティ関連事業者の雇用の受け皿ともなりえる。

レジャーの他にもホテル、中長期ロングステイヤー向けのサービスアパートメント、オートバイのレンタル他、周辺観光産業も集積し、滞在者に高い利便性を提供可能にしており、

投資家や移住者向けにはハイエンドのコンドや別荘などの不動産市場も生成される。

当然、訪問者数の増加は医療需要にもつながり、外国人滞在者向けの私立病院が医療インフラを支えている。


欧米からのリタイア層の誘致

タイに限らず東南アジア諸国のリゾート都市には多くの欧米移住者で賑わう地域が存在する。マレーシアであればペナン、ランカウェイ、タイであれば、プーケット、パタヤ、ベトナムであればニャチャン、フーコック、フィリピンのセブなどが挙げられる。

欧米リタイア層の特徴であるが非常に陽気な層が多く、英語が出来れば地域コミュニティへ溶け込むのも極めて容易である。

もちろん非英語圏層も多く含まれるため、英語ネイティブである必要も問われない。

年金に依存した生活設計において、新興国、中進国では、経済成長による物価の上昇という事態を考慮して移住計画を立てる必要がある。

タイやマレーシアは中進国入りしており、物価や為替の乱高下新興国と比較して発生しづらいと考えられるが、それでもタイは物価上昇が顕著であり、移住当初の計画と大きな差が発生する可能性も高い。

もちろん移住時にコンドなどを購入した場合には、物価上昇に伴う資産価格の上昇の利益も期待できるが、多面的にリスクを勘案して移住計画を立てる必要があるのは言うまでもない。


予約システムSuperSaaS日本公式サポートブログ

英語、中国語、韓国語タイ語を含む34言語、26種類の通貨に対応した多言語ネット予約システムSuperSaaS日本語版公式ブログです。お気軽にデモをお試し下さい。 https://www.supersaas.jp/